大阪府介護支援専門員試験・研修情報

カリキュラム表

試験要領配付場所

各市町村の介護保険担当課、保健所、府民お問合せセンター情報プラザ等の窓口

受験資格コード一覧表

別表1 国家資格等に基づく業務

別表2 相談援助業務(施設等に必置)

 

提出書類様式

【前 期】

1日目

オリエンテーション

人格の尊重及び権利擁護並びに介護支援専門員の倫理

介護保険制度の理念・現状及びケアマネジメント


2日目

地域包括ケアシステム及び社会資源

ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の意義


3日目

自立支援のためのケアマネジメントの基本


4日目

相談援助の専門職としての基本姿勢及び相談援助技術の基礎

ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術(受付及び相談並びに契約)

アセスメント及び居宅サービス計画書等作成実習について


5日目

ケアマネジメントに係る法令等の理解

ケアマネジメントプロセス

利用者、多くの職種の専門職等への説明及び合意


6日目

ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術(アセスメント及びニーズ把握の方法)


7日目

ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術(居宅サービス計画書等の作成)

見学・観察実習オリエンテーション


8日目

ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術(サービス担当者会議の意義及び進め方)

介護支援専門員に求められるマネジメント(チームマネジメント)


9日目

ケアマネジメントに必要な基礎知識及び技術(モニタリング及び評価)

アセスメント及び居宅サービス計画等作成の総合演習@


【ケアマネジメントの基礎技術に関する実習】

@模擬ケアプラン作成実習(前期研修4日目にオリエンテーション実施)

受講者が実習協力者を選定し、社会資源調査及び居宅訪問を行い、アセスメントの実施・居宅サービス計画書等の作成の実習を行う

A見学観察実習(前期研修7日目にオリエンテーション実施)

実習指導者(主任介護支援専門員)の指導に基づき、利用者宅への居宅訪問を行い、アセスメント・プランニング・サービス担当者会議・モニタリング・給付管理業務など、前期研修で学んだ、一連のケアマネジメントプロセスの見学実習を行う。

(※)上記、@Aの実習報告書は、後期研修10日目の1週間前必着で郵送提出していただきます。

報告書の提出がない場合は、後期研修10日目およびそれ以降の研修を受講していただけませんので、ご注意ください。


【後 期】

10日目

実習振り返り

ケアマネジメントの展開(基礎理解)


11日目

ケアマネジメントの展開(脳血管疾患に関する事例)


12日目

ケアマネジメントの展開(認知症に関する事例)


13日目

ケアマネジメントの展開(筋骨格系疾患及び廃用症候群に関する事例)


14日目

ケアマネジメントの展開

内臓の機能不全(糖尿病、高血圧、脂質異常症、心疾患、呼吸器疾患、腎臓病、肝臓病等)に関する事例


15日目

ケアマネジメントの展開(看取りに関する事例)


16日目

アセスメント及び居宅サービス計画等作成の総合演習A

研修全体を振り返っての意見交換、講評及びネットワーク作り

一般財団法人大阪府地域福祉推進財団  

ケアマネ係 TEL.06-6763-8044 FAX.06-4304-2941 | 受付時間 月〜金曜日 9:00〜18:00(祝日を除く)

©2010 一般財団法人大阪府地域福祉推進財団